みのまるも的~「NISA」の100円から投資信託はホントに儲かるのか? 実際にやってみた!

100円投資信託は儲かるのか?試してみよう!!100円投資のメリットや利益  NISAや積立NISAそしてidecoもあるけど、 まずは、NISAの100円投資信託で子供からお年寄りまでみんなできる、チャリンチャリン投資で 資産やおこずかいをどーんと増やしちゃう!100円投資ブログです。

すべての人が投資をできるチャンスに!100円から投資をはじめる ②~NISA

すべての人が投資をできるチャンスに!100円から投資をはじめる ②NISA

 100円から投資、投資信託をやってみる価値は十分にあると思います。

では実際に100円からの投資には、どんな優位性があるのでしょうか?

そこも含めて取れる戦略について考えてみました。

 f:id:entousin:20180901095356j:plain

 

はじめて投資をする人(わたしも初心者レベル)が、

一番注意にしなければならないのは何でしょうか?

いいファンドを見つけること?いいタイミングで大量の資金を投じれること・・・

これらはみんな・・こうしたことは何となく解っていいると思います。

でも、それだけではダメみたいです。

 

そうなんです。実際にはやりだすと結果が違ってくることがある!!

ということですよね・・そしてブレしまいます。何が?

ずばり戦略ですよね。(正確には自分がブレだす)

ブレればさらに損失が生まれやすくなる・・・

そこを回避するためにも、できるかぎり正確に戦略をたてる必要があります

そこで必要になるのが・・「原則」ですね。

 これにより「投資の原則」に基づいた戦略をたてることが必要になってきます

 

100円投資戦略の基本原則は3つ

100円投資の基本原則は「長期」「分散」「積立」この3つを投資戦略とします。

この3つは厳しいとされている積立NISAファンドの選定にも脈々と

流れているものと思われます。

この3つを原則としてここから投資戦略をたてる上で100円投資の持つ武器、

優位性は「細分化」です。

 

「すべての投資戦略を細分化して守り固める攻め」

これが100円投資の優位性と思います。

 

「長期という時間戦略」にあわせた口座    

子供からお年寄りまで、投資に参加できる100円投資信託ですが時間の制約、持ち時間はやはりそれぞれ違います。ここから・・今話題のNISAと積立NISAどちらがいいのか?その口座というアイテムの使い方がちがってくると思います

NISAとは? : 金融庁

子供であれば

子供であれば子供NISA口座が作れます。子供NISAは5年です。

ロールオーバーで運用になると思いますが

20歳以上でなければNISAはつくれませんの、運用管理は親が行います。

わたしは、管理時にこどもに参加させた方が良いと思います。

時間を武器に運用できます。18歳まで引き出せませんので、長期保有になります

長期であればあるほど、利益がでやすいとされていますので

20年の時間が武器になりますね

 

20代~30代

20代~30代も私は、積立NISAが良いと思います。

理由は生活資金に多く必要で投資にまわす資金も、

もしどうしても非正規社員であったなら10%をまわすとして、

1万円よりすくない8000円くらいが限界かもしれません。

そうなれば、やはり時間の優位性を使うのがベスト、500円、300円でも時間に稼いでもらう、運用原資を作る目的で運用して、20年確定の積立NISAが良いと思います。

 

お年寄り(65歳~)

お年寄りも、わたしは投資をすすめますが

お年寄りは時間がやはり10年で考えるのが良いと思います。

ですからNISA口座でロールオーバーで10年運用が良いと思います

NISAは年齢制限がありませんので一度利益確定してから、再度NISAですね

(残念ながら効果的にできるのは、ネットを使える方だけと思います)

 

30代~50代

一番むずかしい30代~50代、わたしも40代ですが選択に難航しました。

一般には積立NISAが良いと思います。20年の運用期間の確定

 

私の場合

40代前半であれば「積立NISA」ここで決まりですが、後半であった私は悩みましたというのも、積立NISAは投資信託だけしか取り扱いがありません。

わたしは、どうしても保有したい株(優待が非常によく、生活に利用したい)ものがあり、NISAにしました。ミニ株戦略です。

NISA枠いっぱいまで利用して株に関してはその後特定口座に移そうと思っています。その理由は損益計上できるからです。NISA口座は非課税ですが、損益計上できません損失が出たときの税対策がないので、小さい育てる期間の今NISAで構えてみました。なぜ、積立NISAを見送ったか?これには新制度のiDeCo(イデコ)が登場したので、長期保有の役目はiDeCo(イデコ)で行うことにしました。

 1 2 3 

〔目次〕

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へにほんブログ村

記事がよければ押してね!f:id:entousin:20180915200141p:plain

投資信託ランキング

記事が良ければ押してね!f:id:entousin:20180915200141p:plain

こんなレビューが届いています!単純であっさりとした内容になったおり、とても分かりやすい本です。投資はまだまだひよっこ投資信託iDeCoしかしておりません。それ以外の投資はまとまったお金がかかりそうで敬遠していましたが、これをきっかけに株や金を考えてみるのもありかなと思いました。株も500円から積立できるなんて知らなかったのでちょっと感動しました。金額ごとにオススメ投資が明確なのが本当に分かりやすいです!

こんなレビューが届いています!投資初心者へ向けて書かれた内容で、取りかかりのハードルを下げて、「100円が101円になれば大成功なのです。」と教えてくれています。いきなり難易度の高い投資方法の例を出されても、初心者は「こんなの自分には無理!」と行動を起こす前にさじを投げてしまいます。どんな事柄でも「最初の一歩」を踏み出すのは勇気がいります。だから、「1から2にする」より「0を1にする」方が難しく感じるのです。

こんなレビューが届いています!投資信託」の仕組みの基礎、どうやって選ぶのか、どう活用するのか、が非常にやさしく、丁寧に書かれているので、「投資信託で時間を味方につけた資産形成を始めてみよう、これから育ててみよう」という方はぜひ一度、手に取ってみてはいかがでしょうか。