みのまるも的~「NISA」の100円から投資信託はホントに儲かるのか? 実際にやってみた!

100円投資信託は儲かるのか?試してみよう!!100円投資のメリットや利益  NISAや積立NISAそしてidecoもあるけど、 まずは、NISAの100円投資信託で子供からお年寄りまでみんなできる、チャリンチャリン投資で 資産やおこずかいをどーんと増やしちゃう!100円投資ブログです。

投資信託の基礎知識①投資信託 基準価額 純資産総額(初心者向け)

投資信託の基礎知識①(初心者向け)

投資信託の専門用語 (投資信託 基準価額 純資産総額)

投資信託の基礎知識を身につけるためには、それにかかわる専門用語もある程度知っておく必要があると思いますので、大切と思える用語を抑えてみました。

投資信託(ファンド)とは?

投資信託(ファンド)とは、「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。
「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

投資信託の運用成績は市場環境などによって変動します。投資信託の購入後に、投資信託の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。このように、投資信託の運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。

つまり、投資信託は元本が保証されている金融商品ではありません。
この点は銀行の預金などとは違うところですので注意が必要です。

f:id:entousin:20180914182605j:plain

投資信託の仕組み
投資信託は「投資信託運用会社」で作られ、主に証券会社、銀行、郵便局などの「販売会社」を通じて販売され、多くの投資家からお金を集めます。投資家から集めたお金はひとつにまとめられ、資産管理を専門とする、「信託銀行」に保管してもらいます。運用会社は、集めたお金をどこにどうやって投資するのか考え、その投資の実行を、お金を管理している信託銀行に指図します。このことを運用指図といい、運用会社がその権限を持っています。そして、信託銀行は運用会社の指図を受けて、株や債券の売買を行います。

投資信託は、販売・運用・資産の保管などの業務を行う、それぞれ専門の機関が役割を果たすことで成り立つ金融商品です。

 

f:id:entousin:20180916123806j:plain

投資信託の専門用語
投資信託の基礎知識を身につけるためには、それにかかわる専門用語もある程度知っておく必要があります。

基準価額とは
投資信託の値段のことを「基準価額」といいます。
投資信託には、取引を行う際の単位があって、それは「口(くち)」と呼ばれます。例えば、運用を開始する時点で1口1円で購入できた投資信託は、運用を開始すると、1口の値段が運用の成果によって、変動していきます。

どうやって算出する?
基準価額は、投資信託の一口あたりの値段のことで、投資家が投資信託を購入・換金する際は、基準価額で取引が行われます。 (1口1円で運用が開始された投資信託は、1万口あたりの基準価額を公表しています)

純資産総額とは?

投資信託の資産のうち、投資家に帰属する額を「純資産総額」といいます。この純資産総額を投資信託の総口数で割ると、一口あたりの価額、すなわち「基準価額」が算出されます。つまり純資産総額はファンドの組入資産の基準価額とファンドを購入した人が保有する口数(受益権口数)をかけ合わせたものになります。

 

f:id:entousin:20180916195314j:plain

 

実際の証券会社の画面ですと、こういった感じです。

f:id:entousin:20180916132007j:plain

〔参考までにこのファンドの口数について計算してみましょう〕

1448210000000÷25733=56278320の口数が販売されていると判断できると思います。56278320口が購入されている状態です。純資産が増えるのは運用成果と参加者が増えることで純資産が増えていきます。ここから純資産総額の増減が非常に利益に関係することがわかると思います。

分配金によって純資産が減少するのは、良い状態ではないファンドといえます。ですから利益分の分配金がさらに再投資されていくことで、複利の力を運用に利用できる仕組みです。基準価格も大切ですが、純資産総額はファンドの力ですからその増減も注意しましょう

この記事ではここまで・・次回分配金などの用語、信託報酬などを考えて購入したときにどのように関係するかも今回と同じように考えてみようと思います。

1 2 3 4

〔目次〕

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へにほんブログ村

記事がよければ押してね!f:id:entousin:20180915200141p:plain

投資信託ランキング 

記事が良ければ押してね!f:id:entousin:20180915200141p:plain

 こんなレビューが届いています! 単純であっさりとした内容になったおり、とても分かりやすい本です。投資はまだまだひよっこ投資信託iDeCoしかしておりません。それ以外の投資はまとまったお金がかかりそうで敬遠していましたが、これをきっかけに株や金を考えてみるのもありかなと思いました。株も500円から積立できるなんて知らなかったのでちょっと感動しました。金額ごとにオススメ投資が明確なのが本当に分かりやすいです!

こんなレビューが届いています! タイトルでまず興味を惹かれてしまいました。
どのような方に読んで欲しいかが序盤に書いてありますが、このタイトルに惹かれて手に取る人は大体ターゲットになると思います。投資はしてみたいけど投資って怖い、大きいお金を投資できるほど余剰金があるわけじゃない、でも普通預金に預けているだけの貯金額に満足しているわけじゃない…私もそんな一人です。狙い通りの層に届いてます。笑

こんなレビューが届いています! この著者のオススメは、投資信託です。投資信託での積み立て投資によりドルコスト平均法を実践しましょうという話です。他には株式投資にてインカムゲインキャピタルゲインの紹介となります。