みのまるも的~「NISA」の100円から投資信託はホントに儲かるのか? 実際にやってみた!

100円投資信託は儲かるのか?試してみよう!!100円投資のメリットや利益  NISAや積立NISAそしてidecoもあるけど、 まずは、NISAの100円投資信託で子供からお年寄りまでみんなできる、チャリンチャリン投資で 資産やおこずかいをどーんと増やしちゃう!100円投資ブログです。

投資について思うこと・・2018.10.7 日経平均下落相場の連休明け・・いつ買い増し?投信用語「申込日」「約定日」「受渡日」

投資について思うこと・・2018.10.7

 

週末に日経平均が・・突然下落展開しております。そんなこんなで所有しているファンドの多くがマイナス展開になりました。とほほ・・NISAで積立設定にしているのですが・・スポットで買い増ししようか考えています。そこで問題なのが「いつ?」ってところですね

f:id:entousin:20181007214106j:plain

 

 連休明けの火曜日はどうやらこのまま下落展開を残しそうな感じです。さらにわたしのファンドでは「インド」関連が不調で困っているのですが、その根本であるインド株式が下落最中でどうしようも、こうしようもないわけです

まずインド株式市場の指数として有名なのは
ボンベイ証券取引所の「SENSEX」
・ナショナル証券取引所の「Nifty 50」
の2つです。この2つはほとんど同じ値動きをしています。只今だだ下がり状態です

今は下落相場ですが、インド株式全体は必ず上昇すると判断していますので買い増しを進めるつもりです。インドだけに集中したいのに・・・この展開で日経も下げなので「ん~」と唸ってしまう状態ですが・・

 

パークマンサー風に言いたいよ  「ダブルで・下・げ・だ・よ!」

 

とはいえ、口数を増やすタイミングとも思っています。この連休明けだと10日(水)から考えて買い増しをするのがよいのではと思っています。相場のプロ連中もそのあたりじゃない?と言っているようです。

ですが・・こんなときに100円投資って、非常に買いが入れやすいと思います。様子みて100円200円300円と刻んで申込できるのでタイミング分散しやすいですから

そこでふと思ったのが投資信託用語で「申込日」「約定日」「受渡日」というのがあるのですがここも抑えておいたほうがいいかなっと思い用語開設をここで追記しておきます。

 

申込日

投資信託の申込日とは、投資信託の売買注文を出した日のことです。

投資信託は注文申込の締め切り時間が決まっています、締め切り時間までに注文した場合は注文当日、締め切り時間を過ぎて注文した場合は翌日が申込日になります。

多くの証券会社では基本とする締め切り時間が決まっていますが、締め切り時間が異なる銘柄もあるため、個別に確認するほうがよいと思います

受渡日

投資信託の受渡日とは、注文が成立した投資信託の代金をやり取りする日のことです。

投資信託の売買注文は受渡日が到来し、代金のやり取りが終わることによって成立します。

株式の場合は約定日から4営業日目が受渡日になりますが、投資信託の場合は銘柄によって異なります。

ネット証券の場合は、投資信託の注文画面に「約定日から〇営業日後」のような形で受渡日が明記されているので、注文の際に確認するとよいと思います。

ネット証券の資金の管理ページでも、受渡が完了するまでは空白になっていると思います

約定日

投資信託の約定日とは、投資信託の売買注文が確定する日のことです。

約定日は投資信託の銘柄によって異なりますが、国内が投資対象の投資信託は、基本的に申込日と約定日が同じになることがほとんどです。

一方、海外が投資対象の投資信託は、日本市場と海外市場の時差や為替レートの関係で、申込日の翌日以降が約定日になります。

こうした点も整理して覚えておくと、申込してもすぐに完了しないのが投資信託の特徴であることを知っていれば、口座を見て不安になることもないと思います。

今回はほんの少しですが数百円ずつでも注文しようと思います。

あがれ、あがれ・・・あがれ・・藤岡弘風に言って念じてみます(笑)

〔目次〕

 

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へにほんブログ村

記事がよければ押してね!f:id:entousin:20180915200141p:plain

投資信託ランキング 

記事が良ければ押してね!f:id:entousin:20180915200141p:plain

 こんなレビューが届いています! 単純であっさりとした内容になったおり、とても分かりやすい本です。投資はまだまだひよっこ投資信託iDeCoしかしておりません。それ以外の投資はまとまったお金がかかりそうで敬遠していましたが、これをきっかけに株や金を考えてみるのもありかなと思いました。株も500円から積立できるなんて知らなかったのでちょっと感動しました。金額ごとにオススメ投資が明確なのが本当に分かりやすいです!

こんなレビューが届いています! タイトルでまず興味を惹かれてしまいました。
どのような方に読んで欲しいかが序盤に書いてありますが、このタイトルに惹かれて手に取る人は大体ターゲットになると思います。投資はしてみたいけど投資って怖い、大きいお金を投資できるほど余剰金があるわけじゃない、でも普通預金に預けているだけの貯金額に満足しているわけじゃない…私もそんな一人です。狙い通りの層に届いてます。笑

こんなレビューが届いています! この著者のオススメは、投資信託です。投資信託での積み立て投資によりドルコスト平均法を実践しましょうという話です。他には株式投資にてインカムゲインキャピタルゲインの紹介となります。